MENU

プロペシアジェネリックのおすすめはコレ!

 

プロペシアのジェネリック医薬品は色々種類があります。
しかし、それぞれ価格が異なります。
せっかくジェネリックを買うんですから、一番安いのを選びたいですよね。

 

徹底的に調べた結果「フィンペシア」が最安値であることが判明しました。
1錠あたり24円〜という激安価格で買えます。

 

以下の通販でしたら、正規品保証あり&送料無料です。

 

>>プロペシアジェネリック「フィンペシア」はこちら


プロペシア通常版とジェネリック版の違い

 

プロぺシアのジェネリック医薬品は、たしかに値段は安いけれど
効果が同じなのか?心配に思っている人も少なくないようです。

 

そもそもジェネリック医薬品とは、特許が切れた薬を
全く同じ有効成分でつくった薬です。
同じ成分が入っているのですから、理論上は効果は同等です。

 

プロぺシアの場合、有効成分はフィナステリドです。
フィンペシアなどのジェネリック医薬品にもフィナステリドが含まれているので、
基本的には効果は変わりありません。

 

ただし、コーティングなど有効成分以外の成分が違う場合もあり、
100%同じものであるとは限りません。
人によっては通常版はよく効いたけどジェネリック版はあまり効かない
ケースもあるようです。

 

もちろん、そういったケースは稀です。
原則的には効果はほぼ同じですから、
安いジェネリック版を買った方がお得といえます。


プロペシア ジェネリック薬の種類

 

プロペシアのジェネリック薬は、多くの製薬メーカーが
作っており、種類はたくさんあります。
以下、一覧にまとめました。

 

  • フィンペシア
  • フィンカー
  • サワイ
  • トーワ
  • クラシエ
  • SN
  • TCK
  • ファイザー
  • フィナスト
  • プロスカー
  • フィンサバ
  • プロスカルピン
  • フィナックス
  • フィナロ

 

これだけ種類があると迷うかもしれません。
しかし、結論からいえば、最も安く買える「フィンペシア」がおすすめです。

 

日本メーカーがつくったものや大手ファイザー製薬がつくったものがいいのでは?
と思うかもしれませんね。
たしかに、そういったメーカーの方が安心感はあるかもしれません。
しかし、値段が高めなのがデメリットです。

 

某日本メーカーのプロペシア ジェネリック薬は、28錠入りで4,760円します。
1錠あたりに換算すると、170円です。
一方、フィンペシアは、最安値だと100錠2,440円です。
1錠あたりに換算すると、24円です。
単純計算すれば、フィンペシアの方が7倍安いことになります。

 

これだけ価格差があるなら、フィンペシアを選んだほうがお得だと思うのです。

 

キノリンイエローについて

 

フィンペシアは「キノリンイエロー」が入っているから嫌だという人もいます。
キノリンイエローは着色料で一部で危険性が指摘されているからです。
「フィンペシアは安いけどキノリンイエローが・・」とためらって人は多いのではないでしょうか。

 

しかし、最近になって「キノリンイエローフリーのフィンペシア」が新発売されました。
リニューアル後はキノリンイエローは全く含まれていません。
値段は以前と変わらないので、安心して買うことができますね。


プロペシア ジェネリックは通販で購入できる?

 

フィンペシアをふくめプロペシアのジェネリック薬は
薬局では買えません。
AGAクリニックなどに行き、診察を受けてから
手に入れることができます。

 

クリニックに行くのはちょっと恥ずかしい・・という人は、
通販でも購入できます。

 

医師の処方箋が必要な薬であっても、
少量であれば海外から個人輸入することは認めれています。
個人輸入を代行してくれるサイトを利用すれば、
普通のネットショッピングと同じ感覚で購入できます。
(楽天やAmazonには取り扱いはありません。)

 

フィンペシアを取り扱う通販サイトはいくつかありますが、
「ベストケンコー」が最安値でした。
1箱あたり2,440円〜で買うことができます。

 

正規品保証がついており、迅速に発送してくれるので、
おすすめです。

 

以下のリンクから購入できます。

 

>>プロペシアジェネリック「フィンペシア」はこちら