MENU

プロペシアのジェネリック薬の副作用を知っておこう!

 

プロペシアのジェネリックと言えば海外製、日本製と数多くありますが、
どれを選んでも副作用がでる可能性はあります。
今回はプロペシアのジェネリック医薬品の副作用について紹介します。

 

 

全てのジェネリック薬の主成分は同じ

 

プロペシアのジェネリックと言われている医薬品は主成分に
フィナステリドという成分が含まれています。

 

プロペシアによる副作用も、プロペシアのジェネリック医薬品による副作用も
このフィナステリドという成分が原因なのです。

 

主成分が同じという事は、副作用も同じだと言えるのですが、
添加物などの違いによって若干の違いがある可能性はあるのです。

 

 

フィナステリドによる副作用

 

フィナステリドによる副作用はいくつかあるのですが、
軽度の物であれば、勃起不全などがあります。

 

これは男性ホルモンが影響しているようですが、
フィナステリドには男性ホルモンを弱くする効果があるため、
勃起不全や精力の減退などの副作用が見られるのです。

 

また、ホルモン作用する成分ですので、ホルモンバランスを崩すことがあります。

 

特に胎児への影響が懸念されているのですが、
妊娠中の女性がこのフィナステリドに触れてしまう事により、
胎児の生殖器に異常をきたす事もあるほどなのです。

 

その他にも、男性ホルモンが減少する事で、
やる気が出ない、だるいなどの倦怠感が出る事があります。

 

これが悪化すると、めまいや吐き気などの副作用が表れるのですが、
その後は自律神経に作用するため、
自律神経失調症やもっと重篤化した場合にはうつ病になる事もあるのです。

 

その為最近イライラする、やる気が出ない等の事が感じられた場合には
すぐに医療機関を受診することが大切です。

 

 

肝臓への影響

 

特にプロペシアのジェネリック医薬品を使用する際に注意するべきなのが、
主成分であるフィンペシアによる肝臓への影響です。

 

肝臓には栄養素の分解や貯えると言った働きと、
アルコールなどの分解、胆汁の精製などの働きがあります。

 

服薬した薬の成分というのは基本的に肝臓に一時的にとどまるようになっています。

 

通常の風邪薬などであれば濫用しない限りは基本的には問題は無いのですが、
フィナステリドに関しては、肝臓への影響がとても出やすいのです。

 

体質によっても左右される為、個人差があるのですが、
アルコールを飲む人は特に注意が必要です。

 

というのも、アルコールを分解している間にフィンペシアを服用してしまうと、
肝臓への負担がいつもの倍以上になってしまう為肝臓が弱りやすくなってしまうのです。

 

肝臓が悪くなると、インスリンによる糖の分解ができなくなるなどの症状が現れるため、
糖尿病のリスクが高くなります。

 

肝臓の異常は尿に表れやすいので尿の変化に気を付けておく事が大切です。

 

特に尿の色が濃くなったり、茶色い尿が出るようになった場合には、
肝臓からの警告なので一度服用をちゅうだんするようにしましょう。

 

フィナステリドは肝臓に影響が出やすいため、
血液検査の結果に異状がある場合や問診時に顔色が悪い、
白目の部分に黄疸が出るなどの場合には処方をしてもらえません。
もしも個人輸入で服用する時には、自己管理で服用を止めることが大切です。

 

風邪などを引いている時には肝臓も弱っている傾向にあるため、副作用が出やすくなります。
ですので、その場合にも一時的な服用の中断を行って様子を見る事をお勧めします。

 

中には循環器などに異常をきたして死亡した例などもあり、
しっかりと用法を守らなければ、命の危険性すらありますす。

 

この様に危険な副作用がありますので、
使用する際には用法と用量をしっかり守るようにしましょう。