MENU

プロペシアのジェネリック薬の価格を比較してみた。

 

プロペシアのジェネリック医薬品は種類がたくさんあります。
どのジェネリック医薬品を使用すると良いのか、
またどのジェネリック医薬品が安いのかわかりませんよね。

 

そこで今回はプロペシアのジェネリック医薬品について比較してみました。

 

 

国内のジェネリック薬

 

プロペシアのジェネリック医薬品は、国内の製薬会社でも生産されています。

 

国産のプロペシアのジェネリック医薬品の名前はどの製薬会社のものも
フィナステリド錠という名前で販売されています。

 

製薬会社は

  • ファイザー株式会社
  • 沢井製薬株式会社
  • クラシエホールディングス

の三社が製造しています。

 

どのジェネリック医薬品も1箱あたり28錠入りで、
基本的に医療機関を受診しなければ手に入れる事はできません。

 

薬の値段は6,000円ほどで結構高額な治療薬と言えるでしょう。

 

 

海外のジェネリック薬

 

海外製プロペシア・ジェネリックというとインドのシプラ社のフィンペシアが有名ですが、
他にもあります。

 

アメリカとオーストラリアではプロペシアの名前で販売されています。

 

アメリカのプロペシアが1箱28錠で4,756円
オーストラリア番が1箱28錠入りで3,964円となっています。

 

国産のものよりもやや安い印象です。

 

その他にも、インドのシプラ社のフィンペシア、エフペシア、フィンカーや
同インドのイース・トウエスト・ファーマー社のフィナバルド、
同インドのインタス・ファーマー社のフィナロ、
フィリピンのロイドラボリーズ社のフィナロイド、などは1箱に100錠もの量にも関わらず
高くても3,700円ほどで安い物は2,100円ほど
かなりコスパの良いジェネリック医薬品となっています。

 

この様に数多くのプロペシアのジェネリック医薬品があるのですが、価格がバラバラですよね。

 

一番安いのはインドのシプラ社のもので、1箱2,196円で買うことができます。
これは製造過程にもよるのですが、
やはり物価の安い国などは工場で働く人たちの賃金も安くて済むため
コストが掛からない為安くなっています。

 

安心感を得たいのであれば国産でもいいですが、
コスパ重視であれば、インドのシプラ社のプロペシアのジェネリック薬が
一番お得といえます。

 

>>プロペシア・ジェネリック最安値はこちら